バルトレックスの通販

ヘルペス治療薬

ヘルペスの症状と原因

ヘルペスの予防と取り組み

バルトレックスがヘルペスに効く理由

ゾビラックスを改良した薬、バルトレックス

バルトレックスは、ゾビラックスの面倒だった点を大幅に改善を図り改良した単純ヘルペスウイルスや水ぼうそう・帯状疱疹ウイルスの抑えるために用いられる薬です。バルトレックスは、ヘルペスの治療を劇的に変えた世界でより広く使用されることになりました。2つの抗ウイルス薬の製造と販売は、グラクソスミスクライン社というイギリスに本社を構えた大手の製薬会社です。

バルトレックスの有効成分は、塩酸バラシクロビルといい身体の中で吸収されてウイルスを破壊して増殖を食い止めます。単純ヘルペスの症状に多い口唇ヘルペス性器ヘルペスに作用します。症状が発症してから5日以内ならば、症状の悪化を軽減したり、回避できますので、口の周りや陰部の周りなどに違和感などを感じれば、すぐに服用することがより効果的です。

バルトレックスは、他のヘルペス治療薬の中でも水に溶けやすく身体にも吸収されやすい特徴があります。吸収されにくい場合にはヘルペスウイルスのDNAが複製が進み増殖することが考えられ治りづらくなり日数を要します。バルトレックスの吸収されやすさはヘルペスウイルスの増殖を防ぎ非常に強い作用を持つためとても有効なのです。

バルトレックスの使い方・副作用

バルトレックスの用法は、年齢や症状によって用量が異なります。成人が服用する場合、単純ヘルペスの症状は、1日で2回服用し1回につき500㎎ずつ水・ぬるま湯で経口します。水ぼうそう・帯状疱疹での症状は、1日で3回服用し1回につき1000㎎を目安に経口します。性器ヘルペスの再発を抑えるには、体重40㎏以上で1日に1回を目安に服用し1日の限度量を500mgとされています。

バルトレックスの副作用は、腹痛、下痢、吐き気、かゆみ、発疹、頭痛、ふらつき、眠気などが起こり得ます。まれに重い副作用を起こす場合があるので、専門の医療機関の受診が必要になります。服用にあたり注意事項は、以下の方は医師にご相談下さい。持病(肝臓、腎臓)を持っている、アレルギーがある、妊娠している、高齢者。他の薬を併用する場合、タガメット(胃酸分泌を抑える薬)、セルセプト(免疫を抑える薬)、テオドール(喘息の薬)との併用には特に注意しましょう。

バルシビルはジェネリックです

バルシビルは、ヘルペスウイルスの増殖を抑えて悪化を回避する薬です。単純ヘルペス(特に口唇ヘルぺス・性器ヘルぺス)を中心に水ぼうそうや帯状疱疹など抗ウイルス薬として広く使われます。ヘルペス治療の抗ウイルス薬で世界的に有名なバルトレックスのジェネリック医薬品になります。製造・販売はインドの製薬会社シプラ社が行っています。ヘルペスウイルスの増殖を抑制することにより症状が治癒されます。発症の初期や再発した場合、初期の段階で、服用すると悪化を抑えることができ、より有効な効果的であり治療にかかる時間を短縮できます。

バルシビルのに含まれる有効成分バラシクロビル塩酸塩は日本国内で主流であった抗ウイルス薬のゾビラックスの有効成分を改良して開発された成分です。プロドラッグに位置付けられる第二世代の抗ウイルス剤とされ、体内の吸収が早く1日に2~3回の服用ですむためとても使いやすさが上がったといえます。ほとんどが水に溶けやすいため、体内から吸収されやすい特質があります。吸収されにくい際は、ヘルペスウイルスの増殖が著しくなり、回復までに時間がかかるからです。

バルシビルの用法・用量は、年齢や症状(単純ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹など)によって異なります。発症してから5日以内に服用すれば、症状を悪化することが防げるため、早い段階で治療することがより効果的な作用を及ぼします。通常であれば、およそ1週間~2週間ほどで症状の緩和されます。有効成分はバラシクロビル塩酸塩であり、これまでのヘルペスの治療薬とは違い1日に大量な服用する必要はなくなり1回~3回程度です。さらに成人の性器ヘルぺスの再発を抑える効果もあります。

バルトレックスとバルシビルは通販サイトで

先ほど紹介したバルシビルは通販サイトでのみ購入できる薬です。その理由は海外医薬品であるため。インド製のジェネリックは日本では承認されていないものが多く、バルシビルもその例に漏れません。ですが海外医薬品を扱っている通販サイトであれば入手が可能なのです。通販サイトは個人輸入に当たる購入方法です。薬事法が改正され個人で利用する場合、そして日本国内で所持が禁止されている成分を含む薬以外は、法律により購入が許されています。

またバルシビルだけではなくバルトレックスも通販サイトで購入が可能です。しかも国内で処方されるよりも割安です。表示価格だと高く見えてしまいますが錠数に注目してみればその価格がいかに安くなっているかが分かります。現在国内のバルトレックス500mgの薬価は1錠405.0円。一方通販サイトでは150~160円ほど(為替によって変動します)。そしてまとめ買いをすることで1錠あたりの単価がさらに安くなりますので、医療機関と比べると差が出てきます。

再発しやすい方であれば医療機関で処方されるよりも通販サイトで購入したほうがお得である、と誰が見ても納得が出来ると思います。今や医薬品の賢い購入方法として定着した通販サイト。ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

バルトレックスの通販