メニュー

抗ウィルス薬の後発薬

バルシビルとは、ヘルペスや帯状疱疹あるいは水疱瘡といった症状の療治を目的とする抗ウィルス剤の一種で有り先行薬バルシビルの後発薬として販売が行われている医薬品となり、ヘルペス一つをとっても口唇や性器等が挙げられますがこういったものを含めて有効とされウィルスが増殖をする事を抑制する事により症状が治癒に向かうとされています。
又、感染初期や再発が初期の段階で有る際にはウィルス数が少ないのでその段階で投薬する事で悪化を抑える事ができより有効な効果を発揮するとされ、療治に掛かる時間を短縮させる事が出来ます。
バルシビルの特徴として含まれる成分アシクロビル塩酸塩は国内で主流であった抗ウィルス薬のゾビラックスを改良して誕生した成分で有りプロドラッグに位置付けられる第二世代の抗ウィルス剤とされ、体内への成分吸収率が良いとされているので通常では一日に五回の内服を必要としていましたが、本剤を用いる事で一日一から三回程に抑える事ができ内服への負担を軽減させる事ができ、飲み忘れといった事を防止する事が出来ます。
薬理としては、体内に取り込まれたアシクロビルが感染した細胞内に入り込む事で活性し、遺伝子情報(DNA)が伸長する事を止める事ができ、それにより複製させる事を阻害する事が出来ます。
又、先行薬で行われた比較臨床試験では帯状疱疹を対象にし、プラセボと比較した所、半年を超えて痛みを残している方の割合は本成分を用いた場合では半数まで減らす事が出来るという事も分かっています。
まず注意が必要な事として、ウィルスは非常に強力なもので薬剤を用いても完全に体内で死滅させる事は出来ず、帯状疱疹は生涯で発症は一度とされますが、ヘルペスである際には再発を繰り返す事が有るので残ったウィルスが体調の変化や免疫が低下する事で再発する事が有るので本剤を常備して置く事は有効な予防措置となります。
起こる副作用は少ないとされていますが、副作用症状として胃や腸に起こる下痢や吐き気、嘔吐等を挙げる事ができ、場合によっては皮膚に発疹を形成する事や頭痛、目眩等の副作用の症状が確認されています。